遺品整理

数年に1度の難易度…!仙台市内の遺品整理

「仙台市内の実家の遺品整理をお願いしたい。
ただ…ゴミ屋敷の様な、大変な状況になっていまして。。。」

現地にお伺いして現状確認。

見積り時に目視できない(天井まで物が到達しているため..)箇所が沢山あります。
部屋・庭・離れ家屋・物置etc
処理困難物が出てきた場合、別途見積りをさせて頂くことを前提で作業受諾いたしました。

『この現場の難易度は★★★★★★★★★★!』

遺品整理のプロとして1歩も妥協はできません。

庭も足の踏み場がないほどの荷物・・

作業をする際の基本

①【仕分をする場所の確保】

 

目視できないものは..って言ったけれど
何が入っているんだろう・・

開封前の品物ばかり・・

数百本のビール・食料(10年前の腐って液状化したホルモンなど)・雑貨・本・衣類・資源物

その他、現金も・・・

1点ごとに仕分整理をする、気の遠くなる作業

嗚咽しながら、一歩ずつ

台所では、1000本以上のビールをはじめとした液体の開封処理

匂いを嗅いだだけで、酔っぱらっちゃうレベル

室内も、天井まで満タンの部屋が沢山…
少しずつ片付けていかないと・・・

外の残置物の仕分作業がおわりました。。。

ココが開けば

①【仕分をする場所の確保】

梅雨がはじまれば、作業ができる日が限られてきます。何日かかるのかなぁー

はい、一服

O山「セキさん、わたくしO山
スマイル軍団の刺激を受けて、サーフィンを始めたんですよ🏄」

いいねいいね

国内でリサイクルができる品物は、事務所へ移動して再度選別を…

少しだけど、現地室内も床が見えた箇所が…

分別後、発生した廃棄物の処理

①【仕分をする場所の確保】

第一弾 無事成功

次は、ここ(離れ)を開けてみますか…

私「おい!O山さん、
今、後ずさりしなかった?」

O山「僕の辞書には、前進という2文字しかありません

私たちは、『遺品整理・生前整理』のプロ

1歩ずつ前進して参ります!

続きます…