「とても辛かった遺品整理」遺品整理人としてまた一歩前進を。

10月某日の午前中、【宮城県南の遺品整理】【仙台市内の生前整理】2チームに分かれて作業をしていると事務所から連絡..📞

「今日か明日、見積もりをして息子の遺品を整理してほしい。」

台風接近に伴い、外は暴風雨🌬🌧明日は台風直撃するようなので、スタッフを集合して今日の午後から作業をします。

「作業中、私たちはどこに居ればよいですか。」

県外からいらした親御様の疲労を思うと「外で待機してください。」なんて絶対言えません・・

ショックで、一人で歩行もできなくなってしまった親御様の見ている前で遺品整理をすることは避けたい。

現場は、1Kのアパート

台所と6畳の部屋の間にある、すりガラスをしめて【台所・トイレ・風呂場】の遺品整理

私以外のスタッフは搬出に専念してもらい、室内の作業は私一人で行うことに。

「次は、こちらの部屋の遺品を整理させて頂きます。」

目の前にいる親御様の気持ちを考えると、とても辛い遺品整理でした。

続きを読む

『複数回に作業工程を分けた遺品整理プラン①』ガレージ・物置・庭

「実家の遺品整理」について、関東にお住いの娘様よりご相談を頂きました。

お話を伺うと、
一人で暮らしていたお母様が亡くなった後、毎月宮城県に帰ってきて遺品整理の確認をされていたとの事。

お母様が大切にしていた物を、少しでもリサイクルできるように💪

大きい一軒家と物置・ガレージ・庭には、沢山のご遺品がありました。

遠方に暮らしている娘様の気持ちを考えると、
『複数回に作業工程を分けた遺品整理プラン』をご提案。

まずは..

【ガレージ】

お母様が大切にしていた、草履(ぞうり)などが出てきた際は確認を。

セキちゃん、間違って玄関の鍵を処分しそうになりましたが..

続きを読む

「終活」を通じてよりよく暮らす。

「終活」に触れる事でより身近なものとし、多くの方々に利用してもらうべく、地元企業による新しい動き

クラシタス株式会社 廣中社長と、株式会社ソラフネ 鳥谷部の業務提携に向けた対談を記事にして頂きました。

終活とは、人生の終焉に向け「今をよりよく生きる」ための活動。

多くの方は、寿命を意識しがちですが..

【健康寿命】を理解する事が大切だと考えます。

「終活」こそ、健康なうち(体も心も判断力も)に始める物だと考えます。

地元、宮城を起点に「終活」のワンストップサービス実現を目指してまいります。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
遺品整理・生前整理・終活サポート
スマイルライフみやぎ 株式会社ソラフネ
TEL: 022-352-3670
Email: info@smilelife-miyagi.com
URL: http://smilelife-miyagi.com
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*