生前整理「親族が危篤状態で…」

AMは生前整理と遺品整理と不用品整理🚛13時過ぎには落ち着くかな

午後、現場が入りました。受付担当から☎

県外からいらっしゃったご親族様より
「親族が危篤状態で…」

電話見積りの結果、数点の生前整理

3名で対応可能な作業なのでO山さんが担当します。

🤗

他の現場で見積りをしていると電話..

電話で伺った内容が変わりました。ご依頼者様が本当に困ってらっしゃるので・・🙆

シャチョウが来るまで待機しています。

同じ、仙台市〇〇区なので急いで行きますからね🐶

🚛🚛🚛

こちらです。

O山さんの案内で集合住宅の一室へ

「お待たせいたしました。鳥谷部と申します。」

『県外から来て、みんなでここまで頑張ったけど・・
明日までに、一軒丸ごと生前整理をして欲しい』

状況&ご要望を再確認

市内の現場より、6名のスタッフが集まりました。💪

本気出して整理いたします。💛

心も体も・・

疲れるから、座っていてください。

お婆様が座る椅子(木箱)は最後まで残します。

病院に入院されている家主様が気にされていた事。

自身の家財整理

太陽が出て明るい間に

生前整理のお手伝いをすることができました。

「本当に助かりました。ありがとうございました。」☀

引渡し時の、皆様の安堵の表情が印象的でした。💛

朝から飯抜きで頑張ってくれたスタッフ全員に感謝!😜