巡り巡って♡

こんばんは☆ミ
昨日はとても楽しい夜を過ごしました。星

私が若い時(今から14年前程前)に、毎晩の様に夢を語りながら呑んでいた友人とFacebookを通して再会して美味しいお酒を呑みました。ビール

日時は経過しているはずですが・・ハイタッチ1つで、あの時と何も変わらない思いでした。パーラブラブ!

今年、1番美味い酒だったな…(^。^)恋の矢
本当に楽しい時間でした♡腕時計また呑もうな!にひひ

話は180度変わりますよ。耳耳耳

10月になったというのに・・
本日も、半袖1枚で現場作業にハッスルさせて頂きました。ロケット
作業を行っていると、事務所スタッフより1本の連絡が・・携帯

9/27に掲載された、「遺品整理士“遺族に安心を”」『読売新聞の記事』を見て頂いた70代後半の女性からのお問合せに対して、折返し電話連絡の要請でした。ラブラブ

現場作業中であったため、
夕方以降の連絡になる事を、ご依頼者様へお伝えさせて頂く旨をスタッフに返答しました。電話

作業が終わった時間帯、既に日が暮れて暗くなっておりました。やや欠け月

暗くなったら眠くなってしまう、私の祖母の事を思い出し・・えっ
慌てて事務所に戻りご依頼者様へご連絡をさせて頂きました。車DASH!

何故、そんなに慌てたかといいますと・・ひらめき電球

日中、スタッフから電話依頼を頂いた時に事情を聞いていたからです。目

内容は下記の通りです。わんわん耳
右下矢印
94歳のご親族を介護しながら70代後半のご夫婦で生活をされているとの事。

万が一の際、家財整理を誰にどのような形で依頼をすれば良いのか常に悩んでいた。

新聞記事を見たが、どこの会社なのか分からない。

読売新聞に問合せをしようと思ったが、記事内に出ている“加美町”という情報を元に同町在住の知人に相談をした。
⇒亡くなった方の情報は町内の情報媒体に掲載されるので待つように言われた。

加美町の役場に相談した。

同役場の総務担当者様に、インターネットでスマイルライフみやぎを探し出して頂いた。

記事掲載日より1週間が経過した本日お電話を頂いた。


ご依頼者様より、一連のお話を聞かせて頂きました。ニコニコ

宝石ブルー宝石緑宝石紫宝石赤宝石白

どの様な思いで、私どもにご連絡を頂いた事かと考えると胸に込み上げるものがありました。メラメラ

『若い時は何とか頑張れてこれたのですが・・
何か有った際、どうしてもお願いを出来る会社を探しておきたかったんです。
こんな、宮城県の県北の町まで来て頂けるのでしょうか?』!?

『ご安心ください!(^^)!♡
私たちは“宮城・山形・福島・岩手”東北4県に向けて、家財・遺品整理サービスを一貫して提供させて頂いております。』グッド!

巡り巡って、これも何かのご縁だと思います。ドキドキ
一期一会の思いで対応させて頂きます。ベル


遺品整理・家財整理は、仙台の遺品整理スマイルライフみやぎにご相談ください。